大阪という街の特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

水の都そして西日本経済の中心都市としての機能を果たす大阪は、同時に人気の観光スポットとして、そして何より食文化の街としての圧倒的な人気が見過ごせません。日本一歩く速度が速い、時にせっかちとも映る躍動感は、ゆったりとした時の流れで暮らしておられる地域の方々からすれば、それだけでも異文化との遭遇という事でしょう。ですが実は、大阪という街の構造が、こうした特徴と密接に関係しているのも興味深いところです。

交通アクセス面この町の特徴として、タクシーやバスでの移動よりも、地上であれば徒歩や自転車での移動の方が、確実に早く目的地に到着出来る点が挙げられます。更に碁盤の目のように東西と南北に複数本走る地下鉄の各駅の感覚も総じて比較的短く、渋滞に巻き込まれる事確実の自動車移動が、必ずしもベストでは無い街なのです。この環境が大阪の方々の早い徒歩移動と関連しているとの推察は、あながち的外れではありません。

アクティブに大阪の観光スポットを訪問から、地元グルメを満喫する旅程を計画中のみなさまには、こうした特徴を踏まえ、滞在先のホテルのロケーションを要チェックポイントの1つに挙げての選択をオススメします。特に最寄駅までの距離や、その駅からの交通アクセス面などは要着目点で、これらが次の目的地への移動時間に時に大きく影響する事も、ぜひ知っておいてください。